寝る前にあることをするだけで幸せな毎日が過ごせます[超簡単ですぐに効果あり]

ピンクのカップとクッキー

私は「幸せ感度を高める」ためにあることを、夜な夜な行っています…笑

この方法で毎日がとっても幸せになりました。

本当ですよ(#^^#)

おすすめの方法です。

寝る前に

毎日、布団に入ってから1日を振り返ります。

そして、よかったことをを5つ選びます。

そして「ありがとう」を言ってから眠るのです。何でもいいのです。

 

どう?超簡単でしょ?

例えば…

昼のラーメンが美味しかった

 

チャーシューが大きかった

 

電車で座れた

 

好きな人に会えた

 

テレビが面白かった

 

仕事で褒められた

こんな感じのことでOK。

よかったことを探します。

 

どんなに嫌なことがあった日だって探せば5つくらいはよかったことがあるものです。些細なことでもいいですよ。

なぜ5つなの?

最初は10個思い浮かべておりました。

しかし…((+_+))

眠くなってしまい、7個くらいで眠りに落ちてしまうのです。

だから5つにしました。

 

大事なことは、少しでもよかったことを探す練習をしているのです。慣れてくるとしめたもんです。

いいことは実はそこら中に転がっているのです。

そのことになかなか気づけていないだけなのです。

持っているものに目をむける

これはとっても大切なポイントです。

自分がもっていることに目を向けることができると心は楽になります。満ち足りた気持ちになり感謝の気持ちもうまれます。

 

人とくらべて自分にないことばかりに気をとられているとせっかく自分がもっているものにも気がつきません。これは悲しいことですよね。

どんなに辛い状況でもその中にも救いはあるのです。それに気がつくか気がつかないかなのだと思います。

 

寝る前の「ありがとう」をするようになってから幸福度がかなりアップしました。

嫌なことより、よかったことを探してよかったことに感謝をすると自分が幸せなことに気がつくようになりました。

 

自然とポジティブな気持ちになり、実際いいことが起こるようになりました。

どうせ、生きていくなら不満をブーブー言っているより楽しく幸せに生きていきたいですよね。

あいだみつおさんの言葉

私は、あいだみつおさんの言葉が好きです。ほのぼのと、しみじみと心に染みるものばかりです。

一番好きなのは

 

「しあわせは いつも じぶんの こころがきめる」です。

 

ほんとにそうですよね。

 

周りからみて、しあわせそうに見えても、本人はそう感じてないかもしれないし、逆に周りから幸せにみえてなくても当の本人はしあわせかもしれません。

見た感じではわかりません、こころの中は…

 

私は、以前はとなりの芝生は青く見えるときがありました。

・あの人はいいな

 

・うらやましい

 

自分にないものだけを並べていました。そんな気持ちでいるとどんどん卑屈な、嫌な自分になっていきます。

でもそんなことを思っても何も変わりません。

 

ある時、自分もたくさんのものをもっていることに、ふと気がつきました。

健康な身体

 

仕事

 

住む場所

 

家族

 

友達

 

穏やかに暮らしている毎日

そのことに気が付くと、こころがふうっと楽になりました。わたし、しあわせだ!

当たり前のことにありがたさを感じるようになりました。

 

当たり前に暮らしている日常に、実はたくさんのしあわせがつまっていることに気がついたんです。

そのことに気がついてから、ちょっとしたことにしあわせを感じるようになりました。

 

特別なことが起きなくても今日一日を無事に過ごし、家に帰りご飯を食べて、休めることで幸せです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
いつも応援ありがとうございます。ブログ村ランキングに参加しています(*^_^*)