[スタンドエフエム毎日配信]音声配信をする前にしている5つのこと

花

今月から始めたスタエフ。

今のところ頑張って毎日配信しています。

毎日音声を録音する前にしている5つのことがあります。

録音する前にしている5つのことは

1.水分を摂る

 

2.深呼吸

 

3.簡単なストレッチ

 

4.台本の用意

 

5.滑舌運動

この5つです。

1.水分を摂る

音声を録音しているときに、喉がイガイガしてきたら困るので録音をする前に水分を摂るようにしています。

特に飲み物のこだわりはありません。

喉に優しいものを選んでいる訳ではなく、そこらへんにあるものを飲んでいます。

麦茶や水、コーヒーを飲むことが多いです。

水分で喉を潤わせてから録音しています。

2.深呼吸

私はおしゃべりが苦手なので、音声を録音する時は緊張しています。

毎日録音していますが、やっぱり緊張します。

日常でも友達と話すときはいいのですが、かしこまった場所や知らない人がいる場所、会議などでの発言は本当に苦手なんです。

そんな私が音声で緊張しないのは無理です。

少しでもリラックスするために、ゆっくりと深呼吸をしてから始めるようにしています。

深呼吸すると少し気持ちが楽になりますね。

緊張したことに深呼吸は緊張をほぐす効果があると思います。

3.簡単なストレッチ

ストレッチといっても簡単なものです。

座ったままで、首をぐるっと回すことです。

右回り、左回りとゆっくりと首を回すことでリラックス効果があります。

緊張も少し薄れるような気がします。

4.台本の用意

台本の用意は必須です。

アドリブが効きませんし、話すことは紙に書いていかないと急に頭が真っ白になったりします。

そんなことになったら放送事故です…笑

でもね、台本といっても超簡単なものです。

話す順番と話す内容を簡単にメモしたものです。

台本を用意して、話すことをだいたい書いていても、それでも話す順番を間違えたり、飛ばしてしまったりしています。

それでも音声を始めたころは事細かくセリフまで書いていたので、その頃に比べたら簡単なメモです。

いつの日にか台本がなくてもペラペラと話せるようになるのでしょうか…?

5.滑舌運動

とにかく滑舌が悪い私。

口が重いようです。

なので音声を録音する前は少しでも滑舌がよくなるように、「あ・え・い・う・え・お・あ・お」とアナウンサーのような発音をしています。

でも、その効果があるのかは疑問です。

滑舌運動をしても絶対に噛みますし、しゃべりは下手くそです。

でもね、頑張りますよ。

こんなおしゃべりが苦手な私が毎日音声を配信するなんて、おもしろいと思いませんか?

もしかして誰かの勇気になるかもしれません。

まず、1年後にはどうなっているのかを楽しみにやってみますね。

まとめ

音声を録音する前にしている5つのことを紹介しました。

ルーティン化するメリットは、いつも同じような流れでできるので力を存分に発揮できるところです。

イチローだってバッターボックスに入るときには、いつも同じルーティンをしていましたよね。

なので、私もイチローのように音声の前にすることをルーティン化します。

そして、ホームランを打てるようになりたいな。

 

おしゃべりが苦手な私のスタエフです▼

聴くだけで人生が少し楽になるラジオ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
いつも応援ありがとうございます。ブログ村ランキングに参加しています(*^_^*)